居眠り磐音の江戸双紙~更衣ノ鷹㊤(佐伯泰英)

画像


<本の内容>
備前包平の研ぎを頼みに本所の鵜飼百助を訪ねた佐々木磐音は、本所深川界隈で新年の挨拶を済ませ、神保小路への帰路についていた。両国橋で只ならぬ妖気とともに立ち現れた丸目歌女と遭遇した磐音は、先の戦いで磐音に敗れた丸目高継の死と磐音への復讐を告げられる。そんな折り、西の丸家基の剣術指南役を解かれた磐音は、近日中に家基一行が鷹狩りに向かうことを知らされ……。西の丸家基をめぐり、磐音が田沼意次の陰謀に立ち向かう。

<感想>
松平辰平が福岡に到着。やせ軍鶏も着実に力をつけ、黒田武士を倒していく。
江戸では田沼様の暗躍が続く。
鷹狩において堂々と暗殺を企てるが、磐音の活躍で家基を守る。
しかし、おこんさんがさらわれてしまう。
灯台下暗しとはこのことだ。
家基の警護には万全を配したものの、
自分の家族や門弟のことにまでは頭が回らなかった。
何とか危難を乗り越えたものの、今回はこれが上巻。
下巻ではさらなる試練が続くのだろうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック