アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
読書のち映画、ときどき野球
ブログ紹介
読んだ本の感想や、最近見た映画の感想を紹介。
また、趣味でやっている野球についても語っていきたいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
うずら大名(畠中恵)
うずら大名(畠中恵) <本の内容> 金なし、剣の才なし、家にも村にも居場所なし。百姓の三男だった吉之助が持っていたのは見えない明日への不安だけ。「この世を、ひっくり返せますかね」道場の同門、貧乏武家の有月にそう問いかけてから十数年。見えない明日は守るべき今日となり、運命はふたたび二人を結びつける。この出会いは吉と出るか?凶と出るか?正体不明の自称“大名”有月と泣き虫の村名主・吉之助。そして、勇猛果敢な鶉の佐久夜。二人と一羽が幕府を揺るがす陰謀に挑む。太平の世か、戦国か。今、江戸は天下分け目の合戦の時! ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 08:37
さいとう市立さいとう高校野球部〜甲子園でエースしちゃいました(あさのあつこ)
さいとう市立さいとう高校野球部〜甲子園でエースしちゃいました(あさのあつこ) <本の内容> 山田勇作は高校二年生。家族そろって大の温泉好きだ。通学するさいとう市立さいとう高校では野球部に所属し、エースピッチャーとして幼馴染の一良とバッテリーを組んでいる。一年生のとき、夏の甲子園大会地区予選では、交通事故で意識不明になった監督の鈴ちゃん不在のなか、準決勝まで勝ち進んだ。そして今年、意識を取り戻した鈴ちゃんとともに思い新たに活動してきた野球部は、みごと甲子園大会への出場を決めるが!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 12:04
スーパームーン 2
スーパームーン 2 デジカメで天体望遠鏡を覗きながら撮影。 まずまずの出来栄えです。 実際の映像は真っ暗い中に白く輝く月が幻想的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 17:17
スーパームーン
スーパームーン 1月1日はスパームーンでした。 通常よりも月が大きくなるそうなので、 自宅ベランダからデジカメでパシャ! 割と良く撮れています。 今日は天体望遠鏡で見てみようと思っています。 夜空に浮かぶ月は幻想的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 10:01
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます 新しい1年が始まりました。 久しぶりに初日の出を見てきました。 天気も良く、大勢の人がいました。 今年1年も素晴らしいに年になりますように! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 08:25
3時のアッコちゃん(柚木麻子)
3時のアッコちゃん(柚木麻子) <本の内容> 澤田三智子は高潮物産の契約社員。現在はシャンパンのキャンペーン企画チームに所属しているが、会議が停滞してうまくいかない。そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしのアッコさんだった。会議に出すアフタヌーンティーを用意して三智子の会社に五日間通うと言い出した。不安に思う三智子だったが…!?表題作はじめ、全4編を収録。読めば元気になるビタミン小説、シリーズ第二弾! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 14:24
検索刑事(竹内謙礼)
検索刑事(竹内謙礼) <本の内容> 「羽毛布団」のキーワードで、6カ月以内に、検索結果1位を取りなさい。できなければもう一人天誅を下す--。ネットビジネスの大きな関心事であるSEO(検索エンジン対策)の世界をミステリー小説で紹介。グーグルやヤフーなど検索エンジンの仕組み、SEOの舞台裏がよくわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 18:45
有馬記念
有馬記念 銀座にお買い物に行ったついでにウインズに立ち寄り、 有馬記念の馬券を購入。 単勝のキタサンブラックのみ当たりました。 900円の出金で190円の配当です。 枠連が惜しかった。14番が頑張れば・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 16:31
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(汐街コナ)
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(汐街コナ) <本の内容> 仕事に追われるすべての人へ。 その仕事、自分の命より大切ですか? 「これ、まんま私のことだ。」「この漫画は命の恩人です。ありがとう。」「涙が自然と流れてきて止まりません。」 とTwitterで30万リツイート! この漫画で助けられた人続出! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 13:42
ランチのアッコちゃん(柚木麻子)
ランチのアッコちゃん(柚木麻子) <本の内容> 屈託を抱えるOLの三智子。彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。 大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。 そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。 表題作ほか、前向きで軽妙洒脱、料理の描写でヨダレが出そうになる、読んでおいしい短編集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 17:52
明治維新の正体(鈴木壮一)
明治維新の正体(鈴木壮一) <本の内容> 執筆十年、幕末史を見直す異色歴史家が満を持して放つ明治維新150年めの真実! 自らが大統領になってまで薩長による維新を阻止しようとした男の「議会主義」「平和主義」「万民平等主義」とは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 18:20
ボールパークの魔法(本城雅人)
ボールパークの魔法(本城雅人) <本の内容> ニューヨークでとくに目的意識もないまま、留学と称した無気力な生活を送っている恭平と篤郎のもとを、意外な人物が訪ねてきた。メッツの日本人選手、進藤だ。シーズン中の今、ローテーションピッチャーの進藤が、いったいなぜ?チームメイトにかけられた窃盗の疑いを晴らすために、アルバイトのクラブハウスボーイ(通称:クラビー)として潜入してほしい―。さっそく翌日から働きはじめた二人だが、大量のユニホームの洗濯と料理の準備に追われている間にまたもや事件が…。ニューヨーク、そしてメジャーリーグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 19:22
さいとう市立さいとう高校野球部(あさのあつこ)
さいとう市立さいとう高校野球部(あさのあつこ) <本の内容> さいとう市立さいとう高校に入学した勇作は、少年野球からエース投手として活躍してきたが、高校では野球と決別し、気持ち新たに学生生活をエンジョイしようとしていた。小学校の頃からバッテリーを組んできた一良の誘いも断り、温泉三昧の日々を夢見ていた勇作の前に現れたのは、美術教師にして野球部監督の鈴ちゃん。「どうやっても野球のユニフォームが似合わない」監督、鈴ちゃんとの出会いから、勇作はふたたび野球へと流されていく――。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 22:31
マシュマロ・ナイン(横関大)
マシュマロ・ナイン(横関大) <本の内容> 元プロ野球選手、今は高校で臨時教員として働く小尾は、校長の命令で相撲部員を転籍させて創った野球部の監督に就任する。人並み外れたパワーと食欲を持つが野球は素人のマシュマロ系男子たちが、甲子園を目指す! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 22:06
あと少し、もう少し(瀬尾まいこ)
あと少し、もう少し(瀬尾まいこ) <本の内容> あの手に襷を繋いで、ゴールまであと少し!誰かのために走ることで、つかめるものがある―。寄せ集めのメンバーと頼りない先生の元で、最後の駅伝に挑む中学生の夏を描くみずみずしい傑作青春小説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 22:32
スタンダップダブル!甲子園ステージ(小路幸也)
スタンダップダブル!甲子園ステージ(小路幸也) <本の内容> 対照的なキャラの双子―エースの青山康一とセンターの健一を擁する神別高校野球部は、北北海道大会を勝ち抜き甲子園へ!彼らが優勝を目指す特別な「理由」を知る前橋絵里は、全国紙のスポーツ記者。彼女の前に、神別高校の監督・田村と高校時代にチームメイトだったスポーツライター・塩崎が現われ、周囲をしつこくかぎ回りはじめる。塩崎は、田村との間に因縁があるらしく…。野球を知らなくても楽しめるハートフル・エンターテインメント、感動のクライマックス! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 22:06
スタンダップダブル!(小路幸也)
スタンダップダブル!(小路幸也) <本の内容> 弱小だった神別高校野球部が、北海道の旭川支部予選を勝ち抜いていく―。彼らの不思議な強さの「秘密」に興味を持った全国紙スポーツ記者の前橋絵里は、やがて、ナインが甲子園を目指す特別な「理由」を知ることになる。その「秘密」と「理由」の中心には、見た目はそっくりながら性格は対照的な、エースピッチャーの青山康一とセンターの健一という双子の存在が…。少年たちのひたむきさに惹かれつつ、その強さの謎に迫る、ハートフル・エンターテインメント。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 23:11
日経新聞の真実〜なぜ御用メディアと言われるか(田村秀男)
日経新聞の真実〜なぜ御用メディアと言われるか(田村秀男) <本の内容> 「15年デフレ」と不況の責任は、財務省や日銀の“ポチ”と化した経済記者の側にもあるのではないか。日本の経済ジャーナリズムは健全な独立性と金融やマネーに対する見識を取り戻し、権力者の意図に左右されることなく、国民に益する情報を提供していかなくてはならない。そうしないといずれ名実ともに中国に追い抜かれる――日経新聞の元エース記者で現在産経新聞の特別記者が、日経新聞を軸に経済メディアのあり方を問い直す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 23:16
他人をバカにしたがる男たち(河合薫)
他人をバカにしたがる男たち(河合薫) <本の内容> 駅やコンビニで暴言を吐く、上だけを見て仕事する、反論してこない人にだけ高圧的、相手の肩書き・学歴で態度で別人―こんな人、気になりませんか?本書では、女性の中でも進む、現代人の「ジジイ化」に焦点を当て、健康社会学の視点から、わが国にはびこる「ジジイ」と「粘土層」の生態を分析。70歳現役社会で男女が輝くヒントを紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 16:31
美しい星(三島由紀夫)
美しい星(三島由紀夫) <本の内容> 自分たちは他の天体から飛来した宇宙人であるという意識に目覚めた一家を中心に、核時代の人類滅亡の不安をみごとに捉えた異色作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 23:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書のち映画、ときどき野球/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる