アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
読書のち映画、ときどき野球
ブログ紹介
読んだ本の感想や、最近見た映画の感想を紹介。
また、趣味でやっている野球についても語っていきたいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
映画「鴨川ホルモー」
映画「鴨川ホルモー」 <映画の内容> 万城目学の同名小説を、山田孝之と栗山千明共演で映画化した青春コメディ。2浪の末にようやく念願の京大に入学した安倍は「京大青竜会」というあやしげなサークルに入会。そこでは「オニ」を操り戦わせる謎の祭り“ホルモー”なる行事が行われていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 09:57
居酒屋ぼったくり6(秋川滝美)
居酒屋ぼったくり6(秋川滝美) <本の内容> 東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情がある―旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の第6巻!全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 11:45
文章は読むだけで上手くなる(渋谷和宏)
文章は読むだけで上手くなる(渋谷和宏) <本の内容> 『日経ビジネス アソシエ』創刊編集長、作家の渋谷和宏氏が、30年にわたるキャリアの中で構築したノウハウを全公開! 「文章は書かないと上手くならない」……新人記者時代、そんな既存の文章術に疑問をもったのが、本書誕生のきっかけでした。著者がたどり着いた結論はずばり「文章は読むだけで上手くなる」。身の回りの文章を読むときに、「順番」と「型」に注意するだけで、伝わる文章がどんどん身についてくるのを感じられるでしょう。多くの人にとって、この本1冊で文章偏差値が10も20も上がる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 20:37
最後の秘境 東京藝大〜天才たちのカオスな日常(二宮敦人)
最後の秘境 東京藝大〜天才たちのカオスな日常(二宮敦人) <本の内容> 入試倍率は東大の3倍!卒業後は行方不明者多数?やはり彼らは只者ではなかった。全14学科を完全制覇!非公式「完全ガイド」誕生。謎に満ちた「芸術界の東大」に潜入した前人未到、抱腹絶倒の探検記。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 13:55
きみはポラリス(三浦しおん)
きみはポラリス(三浦しおん) <本の内容> どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛……言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとして同じ関係性はない。けれど、人は生まれながらにして、恋を恋だと知っている──。誰かをとても大切に思うとき放たれる、ただひとつの特別な光。カタチに囚われずその光を見出し、感情の宇宙を限りなく広げる、最強の恋愛小説集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 15:08
お友だちからお願いします(三浦しおん)
お友だちからお願いします(三浦しおん) <本の内容> どこを切ってもミウラシヲン(よそゆき仕様・自社比)が迸る。2012年度本屋大賞『舟を編む』に続く、待望の最新エッセイ集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 09:38
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った(安部芳裕)
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った(安部芳裕) <本の内容> 誰も知らなかった本当のお金の仕組み。“彼ら”の手口を逆手にとれば自立型経済が実現。ロスチャイルドに学ぶ成功哲学。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 22:54
眠れないほど面白い『古事記』〜愛と野望、エロスが渦巻く壮大な物語(由良弥生)
眠れないほど面白い『古事記』〜愛と野望、エロスが渦巻く壮大な物語(由良弥生) <本の内容> 陰謀と戦い、禁断の恋、嫉妬燃えさかる愛憎劇…日本最古の歴史的名著『古事記』を大胆かつ鮮やかに再現。いにしえの霞のかなたに広がる日本の神話・伝説の扉が、今開く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 06:37
直虎の城(由良弥生)
直虎の城(由良弥生) <本の内容> 愛する男たちが一人、また一人と斃れてゆく…戦国の世に、井伊家の存亡を託された女城主の波乱の生涯。2017年NHK大河ドラマの主人公を描く本格歴史小説! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 09:26
バランタイン ファイネスト
バランタイン ファイネスト 40種類におよぶモルト原酒をブレンドしたスコッチウイスキー ◆「バランタイン ファイネスト」とは 世界中でバランタインが好まれる最大の秘密は、ブレンドにあります。 スモーキー香や木香を強めて個性とするのではなく、どこまでも豊かでなめらかな風味を求めて40種類におよぶモルト原酒をブレンドしたスタンダード・スコッチ、それが、ファイネスト。ライトでもヘヴィーでもなく、飲むほどに魅了される気品を備えたスコッチです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 23:07
糖質オフ!がすっきり分かる本(牧田善二)
糖質オフ!がすっきり分かる本(牧田善二) <本の内容> 全国に糖尿病患者とその予備軍は2210万人とも言われています。 なんとなく体型が気になっている40代以上の男女に、ダイエット目的でも根強い支持のある「糖質オフ」。 この本で、糖質オフの「基本」から、健康診断シーズンに合わせて「血液検査の数値はココを見る! (近年は、 血糖値よりもヘモグロビンA1cが重要視されている)」などの新常識、医者で出される処方薬について、など 新情報を分かりやすく盛り込みます。 また、外食メニューから調味料・飲料まで食品別の糖質・カロリー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 11:31
顔をみれば病気がわかる〜O-リング応用健康法(大村恵昭)
顔をみれば病気がわかる〜O-リング応用健康法(大村恵昭) <本の内容> O‐リングテスト開発者のDr.オームラ(ニューヨーク医科大学教授)が辿り着いた最新の技術を本書で初公開! 世界中で、医師や歯科医で採用する人がどんどん増えているO‐リングテスト。その開発者が顔で病気を診断する方法を開発した! 自分や周りの人の顔を見るだけで体調不良の箇所がわかるとともに、がんにかからない体を作るための具体的な方法をアドバイスします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 08:20
O-リングの驚異〜この診断法で、ガンも早期発見できる(新井基夫)
O-リングの驚異〜この診断法で、ガンも早期発見できる(新井基夫) <本の内容> 親指と人差指で作った丸い輪が開くか開かないかによって、目に見えない体内情報を検知する診断法、それがO-リング。ガンの早期発見から、気の流れチェックなど様々な応用例までを紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 22:49
さくら(西加奈子)
さくら(西加奈子) <本の内容> 著者からのコメント 「さくら」は、ある家族の物語です。 彼らは少し風変わりな五人と優しい一匹。色とりどりの春と、屈託のない夏と、セ ンチメンタルな秋と、静かな冬、彼らに巡ってくる、そして誰にでも巡ってくる季節 の、そしてその中で起こった小さな、でも、かけねの無いある「奇跡」の物語です。 だからこれはあなたの物語であり、私の物語であり、どこかで眠ってる誰かの物語 でもあります。 これを読んでくれたあなたが、恋人に会いたくなったり、お母さんに手紙を書いた り、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/06 22:03
さよなら、ストレス〜誰にもできる最新「ご機嫌」メソッド(辻秀一)
さよなら、ストレス〜誰にもできる最新「ご機嫌」メソッド(辻秀一) <本の内容> あなたが知っている、これまでのストレス対策は、ストレスの海での泳ぎ方を教えるものでした。どんなにうまく泳げても、泳ぎ続けている限り、いつかは疲れて溺れてしまいます。私の教えるメソッドは、ご機嫌の陸地へとあがる方法です。あなたはもう、泳ぎ続けなくてよいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 22:37
背表紙は歌う(大崎梢)
背表紙は歌う(大崎梢) <本の内容> 作り手と売り場、そのふたつを結ぶために。出版社の新人営業マン・井辻智紀は今日も注文書を小脇に抱え、書店から書店へと飛び回っている。しかし取次会社の社員には辛辣な言葉を投げかけられ、作家が直々に足を運ぶ「書店まわり」直前にはトラブルを予感させる出来事が…。井辻くんの奮闘をあたたかな筆致で描いた、本と書店を愛する全ての人に捧げるミステリ短編集第二弾! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 18:16
平台がおまちかね(大崎梢)
平台がおまちかね(大崎梢) <本の内容> 作り手と売り場を結ぶ糸をたくさん鞄に詰め込んで、出版社の新人営業、井辻智紀は今日も本のひしめくフロアへと向かう。―でも、自社本をたくさん売ってくれた書店を訪ねたら何故か冷たくあしらわれ、文学賞の贈呈式では受賞者が会場に現れない!?他社の先輩営業マンたちにいじられつつも、波瀾万丈の日々を奮闘する井辻君の、こころがほっとあたたまるミステリ短編集第一弾。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 18:14
葡萄が目にしみる(林真理子)
葡萄が目にしみる(林真理子) <本の内容> 葡萄づくりの町。地方の進学高校。自転車の車輪を軋ませて、乃里子は青春の門をくぐる。生徒会の役員保坂に寄せる淡い想い。ラグビー部の超スター岩永との葛藤。そして、笑いさざめき、かすかに憎しみ合う級友たち―。目にしみる四季の移ろいを背景に、素朴で多感な少女の軌跡を鮮やかに描き上げた感動の長編小説。直木賞候補となったこの作品は、青春小説の枠を超え、鮮烈な印象を与えて、選考委員たちの絶讃をあびた。会心の代表作である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 08:28
腕時計を購入
腕時計を購入 これまで使用していた腕時計が壊れた。2011年に購入し、昨年、電波受信をしなくなった。そして今年に入って充電しなくなった。ソーラー電波として半永久的に使用できると思っていたが、機械には寿命があるようだ。 いろいろと検討した結果、少し高価だかシチズン製の時計を購入(http://citizen.jp/product/attesa/lineup/detail/index.html?seihin_no=ATD53-2843)。1万5000円以下でもシチズンのregunoや、1万円程度でカシオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 09:14
十年後のこと(小林紀晴他)
十年後のこと(小林紀晴他) <本の内容> 目の前ではない、違う場所や時間、風景…… 35人の作家が創造する35の物語 明日を想像する人に向けた、掌篇小説アンソロジー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 17:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書のち映画、ときどき野球/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる