アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
読書のち映画、ときどき野球
ブログ紹介
読んだ本の感想や、最近見た映画の感想を紹介。
また、趣味でやっている野球についても語っていきたいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
定年後〜50歳からの生き方、終わり方(楠木新)
定年後〜50歳からの生き方、終わり方(楠木新) <本の内容> 人生80年が当たり前になった今、長い自由時間をどう活かすべきか。ライフサイクル的な視点から定年後の「傾向と対策」を考察する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/15 20:37
下町ロケット2ガウディ計画(池井戸潤)
下町ロケット2ガウディ計画(池井戸潤) <本の内容> ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年―。大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。量産を約束したはずの取引はあえなく打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。そんな時、社長・佃航平のもとに、かつての部下からある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。ロケットから人体へ―。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/12 09:33
「お客さん、こういうとこ初めて?」艶街経営日誌(赤澤竜也)
「お客さん、こういうとこ初めて?」艶街経営日誌(赤澤竜也) <本の内容> 父は都市銀行役員、弟は国際線パイロット、そして私はピンサロ店長―!?慶応大卒のエリートが1000人を超す風俗嬢たちと過ごした“涙と笑い”の7年間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/11 09:06
もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら(神田桂一・菊池良)
もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら(神田桂一・菊池良) <本の内容> もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら―― ツイッターで発信され、ネット上で大拡散されたあのネタが、太宰治、三島由紀夫、夏目漱石といった文豪から、 星野源、小沢健二らミュージシャンまで、100パターンの文体にパワーアップして書籍化されました。 読めば爆笑必至の文体模倣100連発。 さらにイラストは、手塚治虫をはじめとした有名漫画家の模倣を得意とするマンガ家・田中圭一氏の描き下ろしです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 20:32
人生に七味あり(江上剛)
人生に七味あり(江上剛) <本の内容> 私、樫村徹夫(44)の人生の一大事だった。営々と勤めてきた銀行が他行に吸収合併されたのだ。同僚たちの退行が始まった。送別会の帰途、私は辻占いの老女に七味とうがらしが待つと言われた。うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみが振りかかり、本当の人生が始まるという。私もついに飲食フランチャイズ会社のCFOに転身したが、隠蔽された百三十億円もの含み損が発覚、社は倒産の危機に…。CEOを押し付けられた私と社員が七転八倒の果てに見たものとは?人生と仕事に苦闘する、すべ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/05 08:19
毎日コーヒーを飲みなさい(岡希太郎)
毎日コーヒーを飲みなさい(岡希太郎) <本の内容> コーヒーに含まれるカフェインとポリフェノールは日本茶よりも多く、その相乗効果がビジネスマンの健康を守る。 コーヒーが生活習慣病予防に大いに役立つ飲み物であることをわかりやすく解説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/04 08:27
被害者のふりをせずにはいられない人(片岡珠美)
被害者のふりをせずにはいられない人(片岡珠美) <本の内容> 「被害者ならば何をしても許される」そう思い込んで被害者のふりをする人が、いま社会に蔓延している。必ずしも自分が実際に被害を受けたわけではないのに、あたかも被害者であるかのように装い、まわりの人々を味方につけて誰かを攻撃する。“被害者ぶる人”のターゲットにされると、いつの間にか立場が入れ替わって、こちらが悪者にされかねない。その結果、心を病んでしまうことも…。“被害者ぶる人”たちは、なぜ自分が被害者であるかのように装うのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 22:08
残念な職場〜53の研究が明かすヤバい真実(河合薫)
残念な職場〜53の研究が明かすヤバい真実(河合薫) <本の内容> 現場は一流、経営は三流―。日本人の能力が世界トップクラスに位置することは、OECD国際成人力調査から見ても明らか。ではなぜ意味不明なことが頻出する職場が生まれるのか。「この会社を変えてやる」と元気満々だった若手社員が、出世したとたん組織に「適応」してしまう。女性と男性の「性差」を正しく理解していない。短時間睡眠に慣れるのは脳が故障した証拠。50代になると能力は衰えると思い込む。このような職場の残念な現象について、健康社会学者が数多の研究に基づいて答えを出し、さらに600人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/28 11:29
上を向いてアルコール〜「元アル中」コラムニストの告白(小田嶋隆)
上を向いてアルコール〜「元アル中」コラムニストの告白(小田嶋隆) <本の内容> 「50で人格崩壊、60で死ぬ」。医者から宣告を受けて20年——なぜ、オレだけが脱け出せたのか? 「その後」に待ち受けていた世界とは??壮絶! なのに抱腹絶倒。何かに依存しているすべての人へ。 アル中は遠くにありて思うものです。山にかかる雲と同じで、その中にいる人には、なかなか気づくことができません。一度、雲の外に出てみないと、視界が確保できないからです。私の告白が、雲の中で苦しんでいる仲間にとっての蜘蛛の糸みたいなものになったら良いなと思ってい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/26 22:42
バッタを倒しにアフリカへ(前野ウルド浩太郎)
バッタを倒しにアフリカへ(前野ウルド浩太郎) <本の内容> バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに……。『孤独なバッタが群れるとき』の著者が贈る科学冒険ノンフィクション! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/21 15:52
17×63〜鷹代航は覚えている(水生大海)
17×63〜鷹代航は覚えている(水生大海) <本の内容> ある夜、自転車置き場で倒れている章吾を、偶然航が発見した。何者かに襲われたらしい。慌てて駆け寄った瞬間、大きな衝撃を受けた航は気を失ってしまう。やがて意識が戻った二人を待っていたのは、中身が入れ替わったカラダだった…!孫とジジイの最高のバディ誕生! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/16 16:11
満天のゴール(藤岡陽子)
満天のゴール(藤岡陽子) <本の内容> 舞台は星空が美しい医療過疎地。人生どん底のシングルマザー、人生に責められ続ける医師、人生をあきらめている老女、3人の出会いが、人生を変えてゆく―希望をもたらす、人間味あふれる医療小説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 08:50
早稲女、女、男(柚木麻子)
早稲女、女、男(柚木麻子) <本の内容> 面倒臭くて痛々しいけど、憎めない ワセジョと5人の女子の等身大の物語 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/11 20:36
英龍伝(佐々木譲)
英龍伝(佐々木譲) <本の内容> 領地の伊豆韮山では徹底して質素・倹約を貫き、有事には蜀江錦の野袴に陣羽織姿で銃士達を率い、英国船と交渉、それを退けた。「黒船来航」をはるか前から予見。自ら蘭学、西洋砲術を学び、海防強化を訴え、反射炉造築、江戸湾の台場築城を指揮した。誰よりも早く、誰よりも遠くまで時代を見据え、近代日本の礎となった稀有の名代官の一代記。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/06 16:57
平賀源内〜江戸の天才アイデアマン(榎本秋)
平賀源内〜江戸の天才アイデアマン(榎本秋) <本の内容> エレキテルで有名な源内。でも、彼の才能は発明だけではありません。学者、事業家、作家、画家……多方面で活躍する奇才の人生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 17:52
行政書士をめざす人の本(泉恵理子・中澤貴)
行政書士をめざす人の本(泉恵理子・中澤貴) <本の内容> 最短40日・60日・3カ月・9カ月プランを大公開!一発合格を可能にする科目別学習法、侮れない一般知識の攻略法を伝授! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 15:51
標的(真山仁)
標的(真山仁) <本の内容> 任期満了を迎える黛新太総理の後任候補に、48歳という若さと美貌で国民的人気を誇る、越村みやび厚労大臣が名乗りを上げた。日本初の女性総理誕生が、にわかに現実味を帯びはじめる。そんな中、医療・福祉系投資会社JWFの元CEO片岡司郎が、収賄の疑いでみやびを告発したいと東京地検特捜部に接触する。JWFは越村が推進する社会福祉制度改革のパートナー的存在、楽田恭平の会社だ。特捜検事の冨永真一は片岡の事情聴取を行うことにした。裏には永田町の策謀が潜んでいた――。 ベストセラー『売国』... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 22:03
ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜(三上延)
ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜(三上延) <本の内容> ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 17:40
成功している人は、なぜ神社に行くのか?(八木龍平)
成功している人は、なぜ神社に行くのか?(八木龍平) <本の内容> 科学者×霊能者のリュウ博士によるおもしろくて、ためになる「見えない世界」の授業。誰も知らなかった「神社」の秘密がいま、明かされる!龍の化身「ドラゴンくん」と、ヤタガラスの化身「ヤタ子」が楽しくナビゲート!あの経営者も、あの政治家も、あの武将も知っていた!日本古来の願いをかなえる「すごい!システム」。日本地図でひとめでわかる!全国主要「天下取り神社」付き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 18:03
げんきな日本論(橋爪大三郎×大澤真幸)
げんきな日本論(橋爪大三郎×大澤真幸) <本の内容> 土器、古墳、ひらがな、源氏物語、日本刀、安土城、幕藩制、国学…。なぜ日本人は、かくも独自の文化を生み出せたのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 20:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

読書のち映画、ときどき野球/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる