試験勉強の「壁」を超える50の言葉(松本雅典)

<本の内容> 受験を思い立った瞬間から試験会場まで あなたを本気にさせ合格へと導く本 ーーー 試験勉強では、超えなければならない気持ちの壁がいくつもあります。 試験勉強を始めることを決意するときの壁 自分の勉強に迷いが生じたときの壁 上手くいかなくなったときの壁 直前期に合格できないのではないかと不安が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンB1がメタボ防ぐ(田中孝生)

<本の内容> 食生活の欧米化、車社会の発達はすでに遂げられていた1980年後半に、なぜメタボリックシンドロームは世界的規模で増えはじめたのか? その謎に迫る! 内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、高脂血症のうち二つ以上を合併した代謝症候群は、先進国で大きな問題となって、医療費も増え続けている。メタボの犯人は誰だ? 系統的に分かりや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空也十番勝負 青春篇~異郷のぞみし(佐伯泰英)

<本の内容> 五島列島の野崎島を後にした坂崎空也は、高麗との国境の島対馬に辿り着く。 岬で彼の国を眺めていると対馬藩士に声をかけられ、滞在を許されることになった。そこで、対馬藩士に高麗船への同行を求められるが、厄介事に巻き込まれる予感がして――。 累計2000万部突破「居眠り磐音 江戸双紙」に続く新たな物語。激闘の四番勝負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空也十番勝負 青春篇~剣と十字架(佐伯泰英)

<本の内容> 人吉城下のタイ捨流丸目道場での修行を終えた坂崎空也は、仇討ちを企む東郷示現流・酒匂兵衛入道一派の刺客から逃れるため、五島列島の福江島へと向かった。だが、そこにも刺客は忍び寄り、空也はさらに北へ、隠れ切支丹と異人の剣士が潜む野崎島へと辿り着く。累計2000万部突破「居眠り磐音 江戸双紙」に続く新たな物語。試練の三番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空也十番勝負 青春篇~恨み残さじ(佐伯泰英)

<本の内容> 直心影流の達人・坂崎磐音の嫡子空也は十六歳で武者修行に出た。最初の地、薩摩での修行を終えた空也は肥後国へと戻る。人吉城下にあるタイ捨流丸目道場の門を再び叩いた空也は、山修行を思い立ち、平家落人伝説が残る秘境・五箇荘へと向かう。その頃、薩摩では不穏な動きを見せる東郷示現流の一党が、空也に向けて次なる刺客を放とうとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり舞台 脱原発~闘う役者の真実(山本太郎)

<本の内容> 2011年4月9日、脱原発活動を宣言。仕事減、恋人との別離、刑事告発、ネット上での誹謗中傷の嵐…。でも「後悔は何ひとつしてへん」。原発廃絶に向けて芸能界でたったひとり闘い続ける役者・山本太郎の活動の軌跡を追うノンフィクション。 <感想> 「山本太郎」を知るために読んだ。 本書出版したのちに参議院東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空也十番勝負 青春篇~声なき蝉㊦(佐伯泰英)

<本の内容> 瀕死の状態で薩摩入りを果たした坂崎空也は前薩摩藩主島津重豪の御側御用を務めた渋谷重兼と孫娘の眉月に命を救われる。再起した空也は、野太刀流の薬丸新蔵と切磋琢磨して薩摩剣法を極めていく。そんな中、空也を付け狙う外城衆徒が再びその姿を現した。試練に立ち向かう若者の成長を描いた著者渾身の書き下ろし青春時代小説。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空也十番勝負 青春篇~声なき蝉㊤(佐伯泰英)

<本の内容> 直心影流の達人坂崎磐音の嫡子空也は十六歳で武者修行の旅に出た。向かったのは他国者を受け入れない“異国”薩摩。そこに待ち受けるのは精霊棲まう山嶺と、国境を支配する無法集団の外城衆徒。空也は名を捨て、己に無言の行を課して薩摩国境を目指す。出会い、試練、宿敵との戦い…若武者の成長を描いた著者渾身の青春時代小説が登場。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「空腹」こそ最強のクスリ(青木厚)

<本の内容> がん、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、疲れ・だるさ、老化―がんを克服した医師が実践する超簡単健康法!ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた食べ方の新常識。 <感想> 16時間の食べない時間をつくる。 1日の24時間のうち16時間と考えると苦しいと思ったが、 睡眠時間の前後を合わせると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集合知の力、衆愚の罠~人と組織にとって最もすばらしいことは何か(アラン・ブリスキンなど)

<本の内容> ■だれもが必要とされる組織へ――真の「共創」への道を示す■ 集団での活動を通じて人は、しばしば個人では到底至らないような優れた知恵を発揮することがある。互いに耳を傾け、考えや思いを共有し、連帯を深める中で生まれる「集合知」。それを生み出すことができたとき、チームや組織は大きく前進する。だが一方で、人は集団になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音 江戸双紙 ~旅立ノ朝(佐伯泰英)

<本の内容> 雲ひとつない夏空の下、穏やかな豊後水道の波を切る関前藩所蔵船豊後丸の船上に、坂崎磐音とその一家の姿があった。病に倒れた父正睦を見舞うため、十八年ぶりに関前の地を踏んだ磐音は、帰国早々国許に燻ぶる新たな内紛の火種を目の当たりにする。さらに領内で紅花栽培に心血を注ぐ奈緒の身にも…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音 江戸双紙 ~竹屋ノ渡し(佐伯泰英)

<本の内容> 梅香が漂い、霊峰富士を望む小梅村が柔らかな陽射しに包まれる頃、尚武館坂崎道場では、晴れて入門を許された空也をはじめ、多くの門弟衆が稽古三昧の日々を送っていた。そんな折り、道場主坂崎磐音宛てに、遠州相良より一通の書状が届く。時を同じくして、幕閣に返り咲いた速水左近が下城の途次に磐音のもとを訪れ…。超人気書き下ろし長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音江戸双紙~意次ノ妄(佐伯泰英)

<本の内容> 天明八年、小梅村の尚武館道場に隣接する母屋の庭では、坂崎磐音の子、空也がひとり稽古に精を出していた。 前年の徳川家斉の十一代将軍に就位に際し、御三家らの後ろ盾を受け老中首座に就いた松平定信が改革を推し進める中、 磐音は尚武館道場を訪れた速水左近によって思いもよらぬ報せがもたらされる。 人気シリーズ第四十九弾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音江戸双紙~白鶴ノ紅(佐伯泰英)

<本の内容> 城中で十代家治の御不例が囁かれ、水面下で十一代就位への準備が進められる中、 雨上がりの小梅村には嫡男空也に稽古をつける坂崎磐音の姿があった。 その日の夕暮れ、尚武館の住み込み門弟の一人が突如行方をくらます。 翌日内藤新宿に姿を現したその門弟は食売旅籠の店先に立っていた。 一方、八月朔日、金龍山浅草寺の門前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音の江戸双紙~失意ノ方(佐伯泰英)

<本の内容> 江戸城中を揺るがした佐野善左衛門の刃傷事件のあと、 尚武館から姿を消した松浦弥助は、自らが手にかけた藪之助の遺髪を懐に忍ばせ、伊賀泉下寺を目指していた。 一方江戸では、坂崎磐音が月に一度の墓参のため忍ヶ岡の寒松院を訪れていた。 その帰路、竹屋の渡し場に立った磐音は、向こう岸から近付く乗合船に思わぬ人物の姿を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十肩はこう治す!~知るだけ治りがよくなる「体のスイッチ」(高林孝光)

<本の内容> 身体のしくみを知り、正しくケアすればつらい五十肩の痛みも改善します。今日から自宅でできるカンタン健康法! 本書の紹介文より ◆「なるほど! 」五十肩で悩んでいるすべての方に ◇身体のしくみを知り、正しくケアすれば つらい五十肩の痛みも改善します。 実績豊富なカリスマトレーナーがわかりやすく教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LAD WEATHER(ラドウェザー) SENSOR MASTER IV(センサーマスター 4)

アウトドアウォッチ・時計 LAD WEATHER(ラドウェザー) SENSOR MASTER IV(センサーマスター 4) ホワイト を購入した。 販売会社の商品説明 ●カラビナ付きなので、リュック、バッグ、ベルト等にブラ下げることが可能。さらに、カラビナを倒して卓上に置いたり、キーリングにも。職場のデスクや、出かけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音の江戸双紙~弓張ノ月(佐伯泰英)

<本の内容> 天明四年(1784)弥生二十四日未明、麹町の佐野善左衛門邸を見張る霧子は、屋敷内の不穏な気配に胸騒ぎを覚えていた。 意を決し邸内に潜入した霧子は、佐野善左衛門が松平定信に借り受けた刀を携え登城することを耳にする。 小梅村に舞い戻った霧子から報告を受けた坂崎磐音は、急遽、奏者番速水左近への書状を認め、霧子に託す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音の江戸双紙~空蝉ノ念(佐伯泰英)

<本の内容> 天明四年三月、増改築の済んだ小梅村の尚武館道場に、旅塵にまみれた老武芸者が現れ、坂崎磐音との勝負を願い出た。 その武芸者はなんと直心影流の同門、“肱砕き新三"の異名持つ古強者だった。 超人気書き下ろし長編時代小説第四十五弾。 <感想> またしても田沼様の刺客かと思ったが・・・・・ 田沼様とはまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居眠り磐音の江戸双紙~湯島ノ罠(佐伯泰英)

<本の内容> 槌音がこだまする小梅村尚武館道場の普請場に桜の季節が訪れる頃、陸奥白河藩主松平定信の予期せぬ訪問を受けた坂崎磐音は、門弟衆が稽古する仮道場に案内し、磐音自ら定信に稽古をつけようとしていた。一方その頃、弥助と霧子の二人が揃って小梅村から姿を消した―。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、超人気書き下ろし長編時代小説第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more