一生ものの資格~19人の行政書士の輝く姿(伊藤塾・法学館編)

<本の内容> 市民と行政の架け橋の役割を担う行政書士。日常の業務に憲法の精神を生かすことのできるその職業の魅力を、19人の行政書士がそれぞれの歩んできた仕事、業務スタンスなどを通して伝える。 <感想> 19人の行政書士の仕事、業務スタンスを各人が語っている。 合格方法については書かれていない。 合格後を意識する…
コメント:0

続きを読むread more

あなたの脳のしつけ方~目からウロコの「実践」脳科学(中野信子)

<本の内容> 「聞きわけのいい脳」をつくる、ちょっとしたコツを大公開!脳は意外と単純にできていて、「こう刺激すれば、こう反応する」という、お決まりのパターンがあります。まるで筋肉を動かすかのように、脳をうまくしつけて働かせれば、誰でも自分の力をもっと引き出して、悠々と楽しい人生を送ることができるのです。 <感想> 自分…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】恋のしずく

<内容> 農大で醸造学を研究している橘詩織はワイナリーでの研修を夢見ていたが、西条の老舗酒造で研修を受けることに。やる気のない蔵元の息子や、病に伏している蔵元、厳格な杜氏、そして米農家でもある蔵人・美咲らのもとで実習を開始する詩織だったが、慣れない作業に失敗ばかり。そんな矢先、蔵元がこの世を去り、老舗の蔵は存続の危機に立た…
コメント:0

続きを読むread more

コンビニが日本から消えたなら(渡辺広明)

<本の内容> 抜群の親しみやすさ!バイヤー経験に基づく確かな目利きで流通界に鋭く斬り込む!コンビニを見ると気づく日本経済復活論。いい仕事をするための教科書。 <感想> コンビニがなくなるという仮想社会ではなく、 コンビニがいかに社会に必要な存在になっているかを教えてくれる本だ。 もはやコンビニなくては社会生活が成り…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】偉大なる、しゅららぼん

<内容> 琵琶湖畔の街で、 代々不思議な力を伝承してきた一族・日出家の本家に、力の修業のため分家の涼介がやってきた。生きる伝説と呼ばれる本家跡取りの淡十郎は涼介に、自分と揃いのオートクチュールの赤い制服を着せ振り回し、いつしか、「殿」と「供」の関係に・・・ある日、淡十郎の失恋をきっかけに、不思議な力を持つもう一つの一族であり、…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

<内容> 21歳を迎えたティム・レイク(ドーナル・グリーソン)は、自分にタイムトラベル能力があることを知る…。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親(ビル・ナイ)から、レイク家の男たちは代々タイムトラベルの能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生に起きる事や起きてしまった事を変える…
コメント:0

続きを読むread more

ナナメの夕暮れ(若林正恭)

<本の内容> オードリー若林、待望の新エッセイ集! 『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。 雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編! <感想> 今年の成蹊大学の入試に使用されたのということで読んでみた。 どの部分が入試に出たのかは確認できていないが、 …
コメント:0

続きを読むread more

【映画】コーヒーの冷めないうちに

<内容> 時田数(有村架純)が従兄で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。今日も不思議な噂を…
コメント:0

続きを読むread more

キャプテンモルガン

先週最終回となったTVドラマ「ゆるキャン」の中で、グビ姫が愛飲していたお酒です。 ラム酒というのは、ラムコークに入っていることは知っていたが、実際に飲んだことがなかったので、近所の酒屋で購入。 サトウキビが作っただけに確かに甘い。 しかもバニラが効いている。 だから飲みやすい。 これはコーヒーにいれても合いそうだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

シンドローム(真山仁)

<本の内容> 上巻 2009年、ハゲタカと呼ばれた世界的な企業買収者・鷲津政彦は、原子力発電所を建設する民営会社の株を買収に失敗。財・政・官がもつれあう、権力構造の複雑怪奇さを思い知る。その2年後。リベンジを賭け、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】翔んで埼玉

<内容> 娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる--。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦…
コメント:0

続きを読むread more

ハーディ(真山仁)

<本の内容> 上巻 日本を代表するクラシックホテルの日光ミカドホテルは、経営難に陥り世界的リゾートグループのリゾルテ・ドゥ・ビーナス傘下に。創業家の長女、松平貴子はビーナスから執行役員になって目標値を達成すればミカドを返すと約束される。一方、謎多い中国の大富豪から救済案の提示が。 陰謀の渦巻くなか貴子が闘う! …
コメント:0

続きを読むread more

冒険の森へ⑥追跡者の宴

<内容> ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。 第18回配本の第6巻は「逃亡者」と「追跡者」の間に生まれるサスペンス満点のハードボイルド長編の傑作2編をメインに、硬軟織り交ぜた短掌編も合わせて全13編を収録。 ●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】神様はバリにいる

<内容> 婚活ビジネスに失敗し借金を背負った元起業家の祥子(尾野真千子)は、失意の中バリ島へ。そこで自称“爽やか”だけど爽やかじゃない日本人の大富豪アニキ (堤真一)と出会う。破廉恥で胡散臭そうな風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。アニキを尊敬する謎めいた青年リュウ(玉木 宏)も何やらワ…
コメント:0

続きを読むread more

冒険の森へ⑤極限の彼方

<内容> ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第5巻「極限の彼方」は、人が経験できるさまざまな「極限」の形を描いた物語12編。 [編集室から] 「極限」とは何か。 人によって状況によって、さまざまな極限があろう。 牙を剥く嵐の峻山での雪中行軍。なぜ追われ続けるのかわから…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】感染列島

<内容> いずみ野市立病院の救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急患が運び込まれてくる。その患者は高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた。しかし、あらゆるワクチンを投与するも虚しく、患者は死亡してしまうのだった。さらに、正体不明のウイルスは医療スタッフや患者たちにも感染、病院がパニック状態に陥ってしま…
コメント:0

続きを読むread more

【映画】ねらわれた学園

<内容> 超能力を持ってしまったごく普通の女の子の苦悩と戦いが描かれる。第一学園に通う由香は、ある日、自分が不思議な能力を持っていることに気づく。自分の願ったことが次々と現実化されていくのだ。自分の持つ能力に困惑する中、エリート学生らによる学園の支配を狙う英光塾が出現する……。 <感想> 薬師丸ひろ子主演映画。この映画…
コメント:0

続きを読むread more

冒険の森へ④超常能力者

<本の内容> ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。 第15回配本となる第4巻「超常能力者」は、SFの一大テーマともいえる「エスパー」の活躍と葛藤、栄光と挫折を描いた、時代を超えて輝ける名作の数々全10編を収録。●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から] …
コメント:0

続きを読むread more

【映画】今度は愛妻家

<内容> 中谷まゆみ原作の大ヒットを博した舞台『今度は愛妻家』を待望の映画化。 “豊川悦司&薬師丸ひろ子”日本中が羨む理想の夫婦を感動のヒットメーカー行定監督がコミカルに、そして時にシリアスに描く。 “誰かを想うこと”“誰かに想われること”が素敵に感じる、爽やかで心が見る前よりも少しあったかくなるハートフルムービー。 <…
コメント:0

続きを読むread more